森の中、星空のステージおかげさまで初日は満員!      今夜ラスト☆彡

館山から観に来てくださった方から嬉しいメールをいただきました。

 

昨夜は、ほんとにうっとり、お月さまもぽっかりうかび、舞台を鑑賞していましたね。絵本を切り取ったような妖精の森物語。不思議な時間と空間でした。いつも感じるのですが、セリフのキャッチボール、間合い、すべてが自然で、すごいなぁ。と感心、感動しっぱなしでした。愛の歌、ジーンとしびれました。歌詞、しみました。愛に至る心模様。しっかりとした脚本に、出かけていってほんとうによかったぁ。と、笑顔の余韻をずっと感じながら館山まで戻ることができました。途中、大きな流れ星がこぼれ落ちる場面にも出会え、昨夜をさらに思い出深いものにしてくれました。思えば、地図もなく、久留里方面にいけばなんとかつけるかな。といった感覚で車を走らせていたのですが、案の定舞台にたどり着くまでに何回か森の道をさまよったのですが、ぴったり7時、拍手が湧き上がる瞬間に到着することができました。きっと、妖精さんたちが導いてくれたんでしょうね。子どもたちもひと舞台ごとに成長していますね。軌跡を感じれて、自分のことのようにうれしかったです。

お誘いありがとうございました。次かいも楽しみにしています。

 

 

さあ、今夜はラストステージ!楽しもう♪